FC2ブログ

クリスマス×日本の伝統 羽子板飾り。

20131224

町並みはクリスマスムード一色。

それと対比するがごとく当店は正月~ひな祭りムード一色(笑)。

それでも旬な行事には便乗しなきゃ損、家族の思い出作りに手段は選ばず!
…というわけで、クリスマスでもお正月でも違和感なく飾れる
こんな羽子板いかがでしょう?

春日部押絵羽子板 正絹鹿の子絞りクリスマスカラー(赤×緑)
クリスマス 羽子板

画像では認識しづらいですが、アクセントカラーにゴールド使用。

皆さまのご来店心よりお待ちしております。


→鯉徳特選・新作 羽子板飾りはコチラから。

ちょっぴり大人の羽子板飾り。

20131210

連日のご来店誠にありがとうございます。

おかげさまでお正月飾り、特に羽子板のほうが今年は例年より
出足が早いように感じられますね~。

おそらく他ではなかなかお目にかかれない
「大人好み」の羽子板が今年の注目となっております。

匠一好作 春日部押絵羽子板/大島紬
羽子板 大島紬
羽子板 大島紬2

大島紬は鹿児島県奄美大島の特産品。
手紡ぎの絹糸を泥染めし、手織りした高級素材です。


匠一好作 春日部押絵羽子板/汕頭刺繍
羽子板 汕頭
羽子板 汕頭2

中国広東省の汕頭という街で作られている切り抜き刺繍の一種。
糸を引き抜いたり、布地を切り抜いたりしてデザインの一部を透かすことが特徴的で、
約200年の歴史をもつ伝統工芸品です。絹などの白地に細かい透かし目に施され、
制作に手間がかかり繊細で美しいことから市場では高額で取り引きされており、
相良刺繍、蘇州刺繍と並び世界三大刺繍の一つとされています。


匠一好作 春日部押絵羽子板/蘇州刺繍
羽子板 蘇州
羽子板 蘇州2

中国江蘇省の蘇州という街で 2500年も前から伝わっている手刺繍の一種。
使用する糸は極めて細く、刺繍面が盛り上がらないため表面が滑らかなのが特徴。
また、両面刺繍という技法により表裏どちらから見ても糸の結び目がなく、
両側から見て 汕頭刺繍と並び世界三大刺繍の一つとされています。


いずれも高さは45cm。ガラスケース付で¥55,500~¥62,000。
単品販売でもご対応させていただいております。

赤やピンク系の華やかな羽子板の多い中、落ち着いた色彩が魅力的。
シックな色合いは、生まれた女の子にはちょっと早いかも知れませんが、
時が経ち、やがて気づくこの美しい羽子板を末永く飾っていただけることは
間違いないでしょう。

数量限定生産のため、大変申し訳ございませんが品切れの際はご了承願います。


ここにきて新作雛人形も次々入荷。羽子板を見るついでに
新作雛人形の下見もいかがでしょう??


→鯉徳特選・新作 羽子板飾りはコチラから。

新作展示会が始まりだした!!

20120518

五月人形商戦が終わりましたが息つく暇もなく、次年度に向けた新作展示会が
日本各地で行われ始めております。

来シーズンに向けて、私たちがまず今年最初に訪れた工房は、
埼玉県春日部市の羽子板工房【さか田】さん(商標名 匠一好)。

匠一好01
匠一好02

赤やピンクの定番色はもちろん、鯉徳オリジナルの羽子板を今期もいろいろ
お願いしてまいりました。約半年後の出来上がりを楽しみにして下さいね!


来週は静岡~名古屋の東海地区に足を運ぶ予定。


お客さんたちの驚きや感動の表情をイメージしながら
今年も逸品求めて、どこまでも行きますっ!!

羽子板のさか田さんへ…

20110602

先日、春日部の羽子板工房『さか田』さん(商標名 匠一好)へ伺いました。

ガラス張りで外からも中が覗ける展示場にびっちり並んだ羽子板の数々。
道行く人たちも足を止めて見入っておりました。

匠一好01

今回は社長が途中で外出ということで、サッカー&消防談議はカット(笑)。
がっつり仕事に専念してまいりましたよ~。

コチラの工房さんの羽子板は品質・センス共に申し分なし。
その人気は、鯉徳の店頭でも実証済。(→匠一好の詳細はコチラにも掲載)
今期も鯉徳オリジナルの羽子板をいろいろお願いしてきました。

商品だけにとどまらず、さか田の会長さんを中心に、羽子板の啓蒙活動、
及び地域活性化の運動も積極的に行っており、『羽子板の里 春日部』を
各所で猛アピールしております!!

匠一好02
羽子板裏側の絵付けを行う会長さん

会長さんが委員長を務める【春日部羽子板大会】は業界の垣根を超え
活気ある大会が行われているそう。同委員会では春日部の共栄大学とともに
『羽根つきJAPAN』なる認定制度を本格始動。今後の展開に期待がもてます。

イベント準備の詳細やその経緯なんかも聞くコトができ、かなり勉強になりました!!
会長さん、ありがとうございます!!


で、お茶菓子でいただいたお菓子のラベルに羽子板の羽根のイラストが…。
羽根まる

これも羽子板啓蒙運動とリンクして、地元春日部の【菓匠ちぐさ】さんが作った
羽根まるという名の饅頭(まんじゅう)。見た目は普通の黒糖饅頭ですね。

では一口……。

…………!?

外皮が『かりんとう』みたいではないですか~っ!!

帰り道、ちぐささんに立ち寄り、お土産として大人買い(ドヤ顔)。
甘党だらけの我が家では当然のコトながら大好評でして、
今年の和菓子部門ランキングで現在、堂々の第一位!!
(オーブントースターで暖めると更にかりんとうのサクサク感が倍増ってのも◎)

春日部にお立ち寄りの際は、さか田さんのギャラリーはもちろん、
ぜひコチラにも注目でございます。

江戸押絵羽子板工房 『むさしや豊山』

20101211

今回ご紹介するのは、浅草近辺を中心に制作されている【江戸押絵羽子板】です。

むさしや01

この江戸押絵羽子板は、伝統的な原材料を用い、昔ながらの技術・技法で
作り上げられており、東京都知事指定の伝統工芸品に指定されています。

現在、市場で一番流通しているのは【春日部押絵羽子】
それだけしか取り扱わないお店も多々あります。

ただ羽子板のルーツをたどると、絶対に江戸押絵羽子板はハズせない存在。


現在、羽子板生産の中心は、前回のブログにも書きましたが埼玉県春日部市。
それ以前(江戸時代)は、圧倒的に浅草界隈が中心でした。

なぜかといいますと、羽子板が女児の厄除け、玩具といった用途以外に、
人気アイドルのブロマイド的に作られていたからなんです(笑)。

当時、大衆芸能として人気を博していたのはなんといっても歌舞伎!!
その歌舞伎役者らを模写し、羽子板として制作されたのが
江戸押絵羽子板のルーツなのです。

だからこんな感じの羽子板も制作しています。
むさしや02

…ヤバイ!!


そんな東京の羽子板界で、私たちが惚れ込んでいるのが
今回ご紹介する墨田区石原に工房をかまえる【むさしや豊山】さん。


どうでしょう、この上品な色っぽさ。
むさしや03

形状もごらんの通り。
むさしや04


現在、羽子板の形状はますます豪華になり、板から着物がはみだした振袖タイプが
当店でも主流となってきてます。しかし…むさしやさんはあえて
「羽子板の板の中だけでその世界観を表現」しています。

それからすでに気づいているかたも多いと思いますが、
注目して欲しいはその【色彩感覚】
むさしや05

鮮やかに、かつ上品に…この配色の妙こそ江戸押絵羽子板の真髄であり、
むさしや豊山の真骨頂でもあるのです。


そして江戸押絵羽子板が他の羽子板と決定的に違うのは、
節句品…というよりも【美術工芸品】に近い感覚が漂っているコト。

伝統的というか…普遍的というか…。

なんか…え~…うまく説明できなくて歯がゆいのですが、
「(いい意味で)媚びてない感じ」がするんです。

流行、売れ筋、効率性…そんなデータ一辺倒、儲け第一主義で制作される
製品には決してマネできないオーラを感じさせますね。

あ、もしかするとこれが【粋/いき】って感覚なのかも?

「子供に贈るのには大人っぽい…」と言われるお客さまもいるのですが、
「成長し大人になっても飾ることができ、贈っていただいた方に感謝できるモノこそ、
本当の価値がある」…と私たちは考えています。




いかがでしたか?

むさしや豊山も出店している、浅草寺の羽子板市
今年(平成22年)は12月17日(金)~19日(日)に行われます。

また驚いたことに、私の愛読書でもあるファッション誌SENSE1月号の
職人紀行のコーナーに、むさしや豊山の野口さんが取り上げられてました!!

興味のある方はどちらもチェックしてみて下さい。


鯉徳では今回のブログに掲載しているモノはもちろん、
まだまだたくさんの種類を展示させていただいております。

生まれた女の子にふさわしい、素敵な羽子板に出会えるコトを
期待して、社員一同心よりご来店をお待ちしております。

それでは。


→鯉徳特選・新作 羽子板飾りはコチラから。

公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop