聖徳太子の鎧??

20170322

文科省は2021年度からの中学校の学習指導要領で『聖徳太子』をやめて『厩戸王』と表記するなどとした改訂案を、一転して元に戻す方針を固めた。一般からのパブリックコメントで「小中学校で表記が違うのは分かりづらい」などの意見が相次いだという。

「引用元:日テレニュース24」

先日こんなニュースが流れていたのですが、これまでも

■大化の改新の年号が645年→646年に変わったり、
■鎌倉幕府誕生の年号が1192年→1185年に変わったりと

いろいろ変化しているみたいです。そんな記事を読むたび、
"新しい発見により、歴史ってどんどん変化するんだなぁ"と思うとともに
"「今は違うんだよ、おっさん」といずれ若者たちから冷たい目で見られるんだろうなぁ…"
と妄想し、勝手に落ち込んだりしている店長です(涙)。

前置きは長くなりましたが、聖徳太子の話題が出ましたので…。

gangu.jpg

天保13年(1482)に刊行された"法隆寺宝物図鑑"に「御鎧 皇太子御幼稚ノ時御手遊」と記され、古くは聖徳太子の玩具鎧(今でいうフィギュア)として伝わるとされています。


経済的に不安定となった法隆寺が"皇室に献納という形で購入してもらった"という経緯があるそうで、現在は皇室から宮内庁に移管され、東京国立博物館の法隆寺館に所蔵されているようです。


聖徳太子の玩具と言われるも、鎧の様式は平安時代の「大鎧」ですし、胸部の革(弦走/つるばしり)に描かれている文様は"北斗七星への信仰"やら"平家ゆかり"やら"王朝文化ゆかり"やら様々な憶測が。なによりもこの大きさにして精密なひな形の鎧が一体何のために作られたのか、真実は未だ解明されていないミステリアスな逸品だったりします。


yu-5Y05-syo10.jpg

こちらは甲冑師 雄山による模写。その神秘性に負けず劣らず、甲冑師雄山の細やかな仕事ぶりも目を見張るものがあります。ネットショップでも取り扱っておりますが、ぜひ店頭でじっくりご覧いただきたい逸品です。


いずれ真実が解明される日がくれば、本製品の"伝聖徳太子玩具鎧"という木札もきっと変わることでしょう。とりあえず今回は"伝厩戸王玩具鎧"にはならないですよ、 念のため。



日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→人形の鯉徳 公式オンラインショップ

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。


お彼岸中の五月人形(鯉のぼり)購入に関しまして

20170317

本日は、
「お彼岸中(本日3月17~23日)に節句品を購入するのは縁起が良くないのですか?」
との問い合わせが多い一日でしたが、基本的に問題はありません。

ただしこの期間中にお届けや飾りつけを控えるご家庭は多いため、
当店も配送および飾りつけ業務は一時停止させていただいております。
お届けはお彼岸明けから再スタートとなりますことをご了承願います。

なお、これから五月人形や鯉のぼりを購入予定で、
かつ"家紋を入れたい"とお考えの皆さまは、お墓参りの際、ご先祖さまに
「かわいい男児が産まれました、どうぞお守り下さい」とご報告するとともに、
今一度ご自宅の家紋を確認していただくのもよろしいかと思います。
墓石にはしっかりと家紋が刻まれているはずですよ。

明日からの連休、ぜひご家族揃ってご先祖のお墓参りと当店に
足を運んでくださいませm(__)m

778af4d9-b8a7-400c-8e23-eb9daee55329.jpg


日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→人形の鯉徳 公式オンラインショップ

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。

福岡光里作 "SAMURAI KABUTO"

20160328

連日のご来店誠にありがとうございます。

五月人形商戦もいよいよ折り返し地点となりました。
皆さま準備の方はいかがでしょうか?

五月人形をご覧になり、
「もっと違った感じの兜はないのかな~?」とお悩みの皆さま、
こんな感じの兜飾りはいかがでしょう?

samurai kabuto07
samurai kabuto03
samurai kabuto04
samurai kabuto05
samurai kabuto06
samurai kabuto01

福岡光里さんが手掛ける陶器の兜、
"samurai kabuto"です。

シンプルでありながら実に味わい深い造形美。
そして釉薬の変化からうまれた色彩の妙。

色・形ともに極限まで削ぎ落とした潔さが
唯一無二の存在感を際立たせますね。

女性陶芸家の研ぎ澄まされた感性と、
温もりあふれる手仕事から誕生した
新感覚の兜飾りです。

端午の節句に限らず、贈り物、ご自宅のインテリア用、
海外へのおみやげとしてもご利用いただけます。


鯉徳オンラインショップには4月1日(金)からの販売予定。

まずは店頭にて先行販売を行いますが、手仕事ゆえに数量限定
となるため、ネットストアではご紹介できないサイズやカラーもでてくる
恐れがございますことをご了承願います。


福岡光里/陶芸作家
1998年より作陶をはじめ、2008年以降、ギャラリー各所にて個展活動開始。
日本文化や精神を大事にしつつ、器からアクセサリーまで枠にとらわれず
自由な発想で作品を生み出しています。


日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【本多忠勝】
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【源 頼朝】

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。

2016年度五月人形商戦

20160319

連日のご来店誠にありがとうございます。

本日はあいにくの天気ではありますが、
今週末も多くのご家族で賑わうと思われますので
気合いれて頑張ります!

ここでお知らせが2つほど。

1つめ。この度、鯉徳公式オンラインショップを開設しました。

koitoku-netshop.png

商品は店舗販売に比べればまだまだ少ないのですが、
日々アイテム数、取り扱い品目も更新してまいりますので、
ぜひご覧くださいますよう、よろしくお願いします。


2つめ。

鯉徳公式オンラインショップのトップ画面や、
折り込み広告の表紙に掲載している上記の
"壹三作 もののふ真田幸村"の五月人形は、
おかげさまで、先ほど全て完売いたしました。

購入を検討中のお客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、
手作りの少量生産につき、追加生産ができないことをご了承願います。
なお、弊社取扱の"鈴甲子雄山作 真田幸村の兜"も
残りあとわずかとなりました。

真田幸村


こちらも追加生産はございませんので、ご検討中のお客さまは
ぜひお早めに。

真田丸効果、恐るべし…。

それでは皆さまのご来店、心よりお待ちしております。


日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【本多忠勝】
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【源 頼朝】

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。

五月人形(鎧・兜)を飾る時期(期間)。

20150314

連日のご来店誠にありがとうございます。
本日は五月人形を飾る期間について。


先週末より本格的に動きだした五月人形商戦ですが、
お客さまからよく、

「いつ頃から飾り始めればいいの?」

といった質問をお受けします。弊社としては、

「飾り始める方が多いのは、お彼岸明け頃ですね。」

とお答えしております。
生まれてきた男児の健やかな成長を願う五月人形。
少なくとも1ヶ月は飾って頂きたいという想いもあります。

初節句の場合は、1日も早く飾ってあげたい!
と願う親御さんもいらっしゃいますので、

「お祝事なので、早めに飾っても構いませんよ。」

ともお伝えしております。とくにゲン担ぎをする場合には、
【大安】【友引】の日に合わせて飾るのもオススメしています。

しかし大安や友引とはいえ、お彼岸中(2015年は3月18日~24日)は、
余程の事情を除いては、避けられたほうが賢明です。


そして飾る期間ですが、前文の繰り返しになりますが、

少なくとも1ヶ月は飾ってあげて下さい!

バタバタ出して、バタバタ片付けてしまうと、残念ながら
子どもたちの記憶には残りません。
しかも慌てて飾りだすと「面倒くさい…」という感情も生まれ、
それが子どもに伝播し、やがて記憶の中には
「祝ってもらって楽しかった」ではなく、
「親が大変そうでつまらなかった」と真逆の残念な刷り込みが
出来上がります(苦笑)。

そうならないためにも、余裕を持って飾ってあげて下さいね。


また、お客さまの中には

「玄関にずっと飾っておきましょうね」

…という方もいらっしゃいますが、コレはコレでちょっと…(汗)

外国人や男気溢れる社長さんが趣味で鎧や兜を飾るのと、
端午の節句で子供のために鎧や兜を飾るのは別モノです。

節句は、子供の成長の節目節目を、定められた時期に
お祝いする事が大事ですので、その時期がきたら飾り、
終わったら片付けるのが一般的です。

暦にあわせ、季節の彩りと共に行事を楽しむのは、
四季のある日本だからこそ生まれた文化のカタチ。

ややスケールが壮大になってしまいましたが、初節句を通して
そんな日本の心を感じてもらうのも楽しみの一つかもしれません。


…と、いろいろ書いてきましたが、何が一番伝えたいのかといえば、
これから予想される混雑をさけ、飾る日にちも確保。もちろん種類豊富。

「今の時期が一番、五月人形を選ぶのには最適ですっ!」

って事(笑)。明日も皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

※本日、江戸の名匠 加藤一冑さんの兜が店頭に並びました!
加藤一冑 沢瀉




人形の鯉徳 【TEL】0436-62-4151 【メール】info@koitoku.co.jp

日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【本多忠勝】
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【源 頼朝】

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop