今年もお世話になりました

20091231

今年も残すところあと1日となりました。
テレビも町並みも、お正月ムードが漂ってますねぇ。
家の近所でもあちらこちらに正月の飾りモノを見かけます。

家々のお正月飾りとして有名なのは「しめ飾り」と「門松」ですが、
私たちの住むここ市原の姉崎という地域には、門松が…ないのです。
これは地元「姉崎神社」に古くからある伝説に由来しています。

姉埼神社の祭神志那斗辨命は女神であり、
夫神は嶋穴神社の志那都比古命と言われている。
ある時、狩猟に出掛けた夫神はなかなか戻らなかった。
いつ帰るとも知れぬ夫神を待ちわび、待ちこがれ、
「待つは憂きものなり」と歎かれた。
「待つ」は音が「松」に通ずる所から、
この郷に於いては古来「松を嫌う」と云われている。
※参考文献「姉埼神社参拝のしおり


この伝説による風習が今も引き継がれていて、姉崎神社の境内には
松の木は一本もなく、新年に門口には竹と榊(サカキ)を組合せた
お飾りを立てるようになったみたいです。

2009 12-31.jpg

ただそんなことはお構いなしに、地元の大手スーパーやホームセンターでは
バンバン通常の門松を販売してますが…。

というわけで今年もいろいろお世話になりました。
年明け鯉徳ではいよいよ「ひな人形商戦」が本格的に動き出します。
一生に一度の思い出の品を、じっくり品定めして下さいね。
来年の営業日は1月4日(月)からとなりますので宜しくお願いします。
それでは皆さまよいお年を。
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop